夫婦でバンクーバー来ちゃいました

新婚夫婦のバンクーバーでの生活を日記のように毎日更新中

2020年6月4日

嫁です。

6月に入り、カナダのバンクーバーでも、コロナの影響でクローズしていた店舗や施設、公園の遊具などがオープンし始めました。
町が以前の姿を取り戻し始めるのは嬉しいことですね。
とはいえ、油断は大敵!まだまだ注意する必要はあります。

私たち夫婦がしている対策として…

  • 人混みを避ける
  • 顔を触らないようにする
  • 外出後は手洗いうがいをしっかり
  • 念のためスマホもアルコール消毒
  • 買ってきた物で可能なものはアルコール消毒
    (プラスチックやビニール製のパッケージとか)
あとは
しっかり食べて栄養をとる!
これに尽きるかなと思います😊
健康的な食事


話は変わりますが…

私たち夫婦はカナダに来てから同棲をスタートさせました🏠

それまでは、
旦那は実家暮らし、私は一人暮らし。
結婚後もしばらくは夫婦別々に暮らしていました。
二人とも都内に住んでいたので仕事終わりに時々会ったりはしていました。

カナダに来る数日前からは、旦那の実家にお邪魔していました。
でも旦那はカナダに引っ越す寸前まで毎日働き詰めの日々。
なかなか二人で居れる時間がなく、とにかくバタバタの毎日でした😱

そんなこんなで、カナダに来てようやく新婚生活と言えるような同棲をスタートさせた私たち👫
一緒に生活していると、良いこともたくさんありますが、不満に思うこともあります。
お互いの癖や生活スタイルの違いでキツく言ったり言われたりすることも少なからずあります。
しかも初の長期海外生活。身近に相談できる人もいません。
互いにストレスも溜まります…

半年経った今、共同生活で私が学んだことをまとめてみました✏️

まずは普段から心掛けることとして、

  1.  気になったことはちゃんと伝える
  2.  お互いの予定を把握しておくこと
  3.  自分が使った物は自分で片付ける
  4.  部屋をなるべく綺麗に保つ


その中でも【気になったことは伝える】と言うところが一番重要かなと思います🗣
共同生活において、報告・連絡・相談がいかに大切かということ実感しました。
時々、お互いに直して欲しいところを話し合う時間も必要だと思います☕️
双子でもない限り、日々考えてることや思ってることって違います。
やって欲しいことや、やって欲しくないことをしっかり伝えることで相手を理解できます。
言わずして「察してよ!」て思うのはすごく卑怯だし、結局は遠回りすることになるので、やりません!🙌

ただし、言っても聞いてもらえなかったりする場合もあるので、
言い方や、その時のタイミング次第かなーと思います🤔

とにかく思うことは、
旦那は旦那、私は私

お互いのリズムを尊重し合い、むやみに相手のリズムを崩さないという配慮ができる関係であれば最高だと思います👫



それと、カナダに来てから、家計簿をつけるようにしているのですが…

食費がヤバい!!

節約のため、毎月の食費を$400以内におさめたいのですが…
先月はおよそ$670!😵
$270もオーバーしてしましました。

家計簿の食費

気をつけちゃいるけど…
これじゃ家計簿つけてる意味がない!笑

期限内に食べきれなくて捨てちゃったりする食材のロスが最近多かったので見直すことにしました。

スーパーに行くと、日本にはない気になる商品がたくさんあるので気になって試しに買っちゃうことが多いんですよね〜
それは仕方ないのかな😅笑

物価が高いバンクーバーでは、なるべく食費は抑えたいところです💰

では!








カナダ(海外生活・情報)ランキング