夫婦でバンクーバー来ちゃいました

新婚夫婦のバンクーバーでの生活を日記のように毎日更新中

2020年4月21日

ストリートアート

▲フロントラインで闘う医療従事者を称えるためのストリートアート。臨時休業中のお店にガードした木の板に描いてるからいずれ取り払われちゃうので今だけ📸

 

嫁です。

2週間程前、カナダの緊急給付金$2000を頂きました。

Twitterにてアップしております。

 

そして2週間後の今日、次月分の給付金$2000が振り込みされていました!

仕事ができない間は最大4ヶ月、毎月$2000もらえるという、カナダ緊急対応給付金(CERB)正直言ってすごいです!

申請して2-3日で給付しますとのこと。

は、早い!!

こんなにも素早く給付してもらえることに驚いています。

そして、カナダにいて感じることは、対策などの対応も早い!!

 

これまでをおさらい

3月 16日 旅行者の入国禁止を発表

 

  18日 非常事態宣言を発令

      アメリカとの国境閉鎖を発表

      生活に必要な職種以外は

      全て休業命令

      公立学校は無期限で全て休校

      その他の学校、語学学校は休校

      もしくはオンラインへ

 

  19日 レストランなどはテイクアウト

      のみの営業を開始

      公園の遊具も全て使用禁止の

      テープが貼られる

      この頃から町から人がいなく

      なっていく🍂

 

  25日 カナダ緊急対応給付金(CERB)を

      発表

      家賃補助なども発表

 

  27日 入国者への14日間の自主隔離を

      義務付ける

      違反した場合は罰金75万ドル😵

  

4月  6日 カナダ緊急対応給付金(CERB)の

                  申請スタート

 

  15日 入国者への14日間自己隔離を強化

 

  16日 4月28日まで緊急事態宣言を延長

 

日本が各家庭に30万円とか議論している間にすでにカナダでは毎月$2000の給付がスタートしていました。各家庭に30万円の給付から一人10万円に変更されたようですが、果たしていつになるのやら。カナダにいると日本の対応の遅さがすごく気になります。

仕事を失って収入が途絶えた人たちは、マスクではなく、まずはお金が必要なはず!外出自粛や行動制限は感染拡大を防ぐために重要と言いますが、特に母子家庭だと外出自粛は難しいと思います。

感染拡大しないためにも、まずは社会的距離を置くということ。満員電車に乗って職場へ行かなくてもいいように、政府からの助成金がとても必要不可欠だと思います。

『自粛要請するなら金をくれ』

と言いたくなりますね。

 

では!


カナダ(海外生活・情報)ランキング