夫婦でバンクーバー来ちゃいました

新婚夫婦のバンクーバーでの生活を日記のように毎日更新中

2020年4月17日

嫁です。

またしても昨日の分のブログを1日遅れで書いてます。

文章を書くのが苦手な私…

しかも変にこだわりが強い私…

ちゃんと書こうと思うと気付けば小一時間が経ってる!なんてざらです。

もっとスラスラと言葉よ出てこいと、弱いおつむに鞭を打っています。

 

さて、カナダの現在の感染者数をまとめておこうと思います。

ちなみにカナダではみんな、コロナのことを

Covid-19(コヴィッドナインティーン)と呼んでいます。

現在のカナダ政府が発表しているこれまでの数がこちら(18日現在)

f:id:canada-life:20200419065130j:plain
カナダ全土ではこれまでに、

コロナのテストを受けた人数が50万人

感染者数、32,412人

死者数、1,346人

となっています。

 

下のマップが州ごとの感染者数。

私たちのいるブリティッシュコロンビア州(赤丸で印をした所)はこれまでに感染者数1,618人

 

ちなみに、一番感染者が多いケベック州では16,789人

続いてカナダで一番人口の多いオンタリオ州では10,100人

となっています。

 

私たちのいるブリティッシュコロンビア州は中国からの移民が多い都市ですが、医療崩壊を起こさず感染者を抑えられているそうです。それも全て市民たちが日々ステイホームして気をつけているからだと思います。それと、家の中で土足しない、マスクをするという東洋人の習慣によるものなのかな。。

 

対策を継続しないと感染拡大するので人口の大多数が免疫を得るまでは対策が必要という結論らしいです。BC州保健局によると人々が今の制限を守り続ければ、5月中旬にはいくつかの制限が解除される可能性があるとのことです。

globalnews.ca

 

ちなみに、対策を減らすとどのように変化するかをモデル化したのが以下のグラフ

f:id:canada-life:20200419080631j:plain
どのくらいのパーセンテージ通常生活に戻したかによって、今後の感染者数が大幅に変わることが分かります。

もしも通常の生活に100%戻した場合は恐ろしい…!ですが、60%通常の生活に戻すくらいでは増えないことが分かります。

 

感染者がこのまま減少し、休まざるを得ない人々が少しでも早く働ける状況になればと願っています。

 

では引き続き

Stay safe!


カナダ(海外生活・情報)ランキング