夫婦でバンクーバー来ちゃいました

新婚夫婦のバンクーバーでの生活を日記のように毎日更新中

2020年4月14日

旦那です。

最近はワインにハマっておりまして、毎日映画やドラマを見ながらワインを傾けて贅沢なスローライフを堪能しております。

 

カナダと聞いてあまりワインと言うイメージが沸かないとは思いますが実はカナダはワイン作りの為に移住をしてくる醸造家さんがいるほどワイン作りに適した環境にあるそうで、その品質は世界レベルの品評会でも章を受賞するほどだそうです。

 

カナダにある多くのワイナリーは少数規模での生産且つ、手作業にこだわって生産しているワイナリーが多くカナダ国内でさえ流通が少ないそうです。

 

以下文章のいくつかは下記サイトから抜粋させていただいております。

とてもわかりやすくまとめて頂いているのでカナダ、ワインと言うキーワードが合致された方は必読だと思います。

ministryofwine.jp

 

 

カナダ国内の主な産地としてはケベック、ノバスコシア、オンタリオそして僕らの住んでいるブリティッシュコロンビア州があります。

中でもここBC州はワイナリーの数が他の州に比べても多く、オカナガン渓谷に隣接するシミルカミーン渓谷や、オンタリオ州のエリー湖北岸、プリンス・エドワード・カウンティ等でも 上質なワインが生産されています。

ブドウ栽培に は厳しそうな環境に思えますが、BC 州の産地は、育成期の気候は温暖で、また高緯 度なため育成期の日照時間が非常に長く、より強い日照を享受します。育成期間は 短めですが、それでもしっかりブドウが熟すことのできる条件が整っているのです。

BC 州の産地は南北に長かったり、島にあったりと、様々な条件の産地があるため、それぞれの特色を活かして、世界の産地でも稀なほど多様な品種・ スタイルのワインが造られています。全般的な特徴としては、冷涼産地特有のクリーンな果実味とのびやかな酸味のあるワインが多く造られますが、例え ば、主要産地であるオカナガン渓谷やシミルカミーン渓谷が位置するあたりは、カナダ国内唯一の砂漠地帯であるため、南部では夏の日中の最高気温 が 40°Cに達する日もあるほど暑くなる場所もあり、このような地域ではより力強さのあるワインも造られています。

またBC州には独自の「VQA (Vintners Quality Alliance)」という BC 州独自のワインの品質管理協定システムがあり、ワインの品質を保っています。VQA ワインと
認められるのは、BC 産のブドウを 100%使って造られるワインのみ。場所や土壌の特徴によって、5 つの産地(アペラシオン)に分かれています。

何を買っていいかわからない場合はとりあえずBC州に住んでいる方ならこのマークを頼って買って見るのもいいかもしれません。

f:id:canada-life:20200415172302j:plain

VQA

 

このような感じでザックリとカナダワインについての記事でした。

もしバンクーバー在住の方で飲み友達募集している方がおりましたらご連絡ください!一緒にBCワイン呑みましょう!!笑

ではでは。


カナダ(海外生活・情報)ランキング