夫婦でバンクーバー来ちゃいました

新婚夫婦のバンクーバーでの生活を日記のように毎日更新中

2020年3月28日

嫁です。

日本のニュースを見てたら都内に雪!?

もう4月になろうというのに…!この世の中何が起こるか分かりませんね。

 

先日26日に、カナダでは新型コロナの支援策がアップデートされました。

今日は支援についてまとめたいと思います。

個人が受けられるサポートを7つピックアップしてみます。

※3月28日時点での情報です

 

f:id:canada-life:20200329181643j:plain

  ① CERB (Canada Emergency Response Benefit)

 カナダ緊急対応手当

 失業に直面している人へ、最大4ヶ月間、毎月2000ドルの給付

 失業保険(EI)に加入できない人も対象!

  ② 失業手当

 失業保険、一時解雇 (レイオフ)された人への支援

 失業保険(EI)加入者向け 

  ③ 家賃サポート

 一時的な家賃補助、毎月最大500ドル

  Supporting renters, landlords during COVID-19 | BC Gov News

  ④児童手当の引き上げ
 
  ⑤ タックスリターンの期限延長

 タックスリターン(所得税申告)の提出期限日が6/1まで延長

  ⑥ 住宅ローンの支援

 支払いの延期など

   ⑦ 学生または新卒者への支援

 学生ローンの無利子の返済延期など

 

 

これらの給付の申請については4月上旬よりオンラインもしくは電話などでできるようになります。電話だと激混みだろうな。。

 

さて、私たちが該当するのは①CERBカナダ緊急対応手当、③家賃補助の2つです。

ですが、ここで疑問点!

私たちのように外国人労働者が給付を受けられるのかという点。

サイトには、給付対象者の部分にカナダ国民という文言は記載がないのです。

旦那も私も日本国籍。旦那の就労ビザでカナダに滞在している身です。

そのような人たちに対して、給付は受けられるのかどうか。

 

そもそもカナダは移民の多い国です。

移民になるために、まずは就労ビザや学生ビザ,ワーホリビザでカナダに入国し、しばらくして時がきたら移民申請する人たちがほとんどだと思います。

給付対象がカナダ国民や永住権(PR)所持者のみと断定されてしまえば、

カナダ移民を目指す多くの外国人労働者や学生に給付されず、

中には生活が困難になってカナダを離れていくかもしれません。

詳しい情報が今後発表されるとは思いますが、

カナダにもっと滞在したいと願う嫁は、毎日このことが気になって眠れません。

この状況で日本に帰ったとしてもすぐに仕事ができるとは限りませんし。

カナダ政府が外国人労働者をサポートしてくれる事を心から願っています。

 

今回LifeVancouverさんのサイトの日本語訳とまとめ方がとっても分かりやすいので参考にさせてもらいました。

lifevancouver.jp

 

ところで、今朝聞いたニュースで、

BCG予防接種が新型コロナに有効かもしれないという事!

子供の頃、腕に二箇所押されるあのハンコ注射!

接種する国とそうでない国で、感染者数に大きな差があるのだそう。

そもそも結核を予防する注射だけど…どうなんでしょうね。

近いうちにオーストラリア(メルボルン)で医療従事者に対して臨床試験が行われるそうです。

コロナのワクチンについてですが、

米国の研究所ではワクチンが使えるようになるまで1年半はかかると言っていました。

そんなにかかるん?!って思いましたが、ワクチンは通常市場に出るまでは5〜15年もかかるそうなんです。

 ハンコ注射が有効ならばこれからの拡散防止に期待ができるかもしれませんね。

 

感染者数が減少する事を願って今日も引きこもり完了!

おやすみなさい

 

最後にポチッとお願いしますします🙇‍♀️🙇‍♂️


カナダ(海外生活・情報)ランキング